口永良部島噴火
鹿児島のニュース
口永良部島で起きた爆発的噴火から2日目の30日、気象庁や火山の専門家が上空から島を調査しました。30日午前11時前、噴火はいったん途切れたもようですが気象庁は今後も大きな噴火の可能性があるとして引き続き厳重な警戒を呼びかけています。29日午前9時59分ごろ口永良部島の新岳で起きた爆発的噴火では噴煙が火口から9000メートル以上まで上がり火砕流が海岸まで達しました。気象庁によりますと29日から続いていた噴火は30日午前10時50分ごろにいったん途切れた模様です。また29日1日で198回観測された火山性地震は30日は午前8時までで3回にとどまっているということです。しかし、気象庁は今後も爆発力が強い噴火や大きな噴火が発生する可能性があるとして引き続き厳重な警戒を呼びかけています。また、30日朝は気象庁と火山が専門で京都大学の井口正人教授がヘリで上空から調査しました。井口教授は「見ている限りでは火山ガスの放出は相変わらず多く引き続き警戒が必要な状態に変わりはない。土石流はまず間違いなく出ると思う」と話しています。また、気象庁の高感度の監視カメラでは30日朝未明、島の一部が赤く見える現象が捉えられました。気象庁によりますと火砕流の堆積物が高温のために赤く光って見えたということです。一方、屋久島町からの避難指示を受け29日屋久島に避難した住民ら137人は避難所や親戚の家などで一夜を明かしました。避難所では避難生活がいつまで続くのかわからないことに不安な気持ちを話す人もいました。屋久島町によりますと避難場所は屋久島町宮之浦の宮之浦公民館など3か所が開設されています。なお口永良部島の金岳小学校の児童10人と金岳中学校の生徒6人のあわせて16人は来週からそれぞれ屋久島町宮之浦の宮浦小学校と中央中学校で授業を受けるということです。また、30日は赤澤内閣府副大臣ら政府の調査団が屋久島町に入り屋久島町から説明を受けたほか避難所の状況などを確認しました。
全国のニュース
  • JUカーパーク鹿児島
  • シナプス
  • MBC住宅展
  • MBCハウス
  • M-Labo
  • 元気生き生き 笑顔に感謝
  • 2015鹿児島県 私立中・高フェア
  • 映画「ビリギャル」
  • マンハッタンジャズクインテット
  • チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地
  • 親子で学ぶ かごしま茶教室