MBCトップ > 放送ボランティア 出前授業
放送ボランティア 出前授業
内容
MBCのアナウンサー、ディレクター、報道記者、カメラマン、技術部員らが放送活動の現場についてお話しいたします。
学校の授業や、地域の皆様が集う集会所や公民館の活動プログラムにご利用ください。
※日程や内容等で、残念ながらご要望にお応えできない場合もあります。あらかじめご了承ください。
※授業料はいりません。
※本授業は、1クラス(50名程度)を対象に、1時間程度の対話を重視した取り組みです。
団体名・人数・〒・住所・ご担当者名・電話番号・メールアドレス・授業ご希望日時と 授業内容については、例「テレビ番組の作り方について聞きたい」「アナウンサーの仕事が知りたい」等 ご要望がありましたらご記入の上、MBC編成部までお寄せください。 折り返し、ご連絡さしあげます。

申し込みはこちら
【ハガキの場合】
〒890-8570 鹿児島市高麗町5-25 MBC「出前授業」係
【FAXの場合】099-254-1037
活動実績
※写真をクリックすると拡大します。
2017年
10月18日(水)
薩摩川内市立
川内小学校


【講師】
アナウンス部
上野知子
川内小学校5年生 47人と出前授業を行いました。まず元気いっぱいに発声・発音練習。母音の発音練習を初めてやった児童も多く笑い声が響きました。教科書で習う 椋鳩十・作『大造じいさんとガン』をみんなで読み、新美南吉・作『あめ玉』の朗読もしました。日本語の響きを楽しんだ出前授業でした。

2017年
9月13日(水)
鹿児島市立
星峯東小学校


【講師】
アナウンス部
岩ア弘志
音楽室いっぱいに5年生51名と保護者の皆さんが詰め掛けてくださいました。
アナウンサーのお仕事について、「星の王子さま」の朗読や、テレビ「てゲてゲ」の舞台裏の説明などを交えて展開し、皆食い入るような目線で聞いてくれました。
「自分の持っている可能性に気付くためにも、友達やご家族、先生方など多くの人たちとたくさん会話をすることが大切ですよ」とメッセージを込めさせていただきました。中には真剣にメモをとる子供たちもいて、少しでも想いが届いたのかなと、私まで嬉しくなりました。「アナウンサーになって一番良かったなと思えるのはいつですか?」という質問がありましたが、まさに今日だったかもしれません!みんなありがとう!

2017年
6月30日(金)
さつま町立
求名小学校


【講師】
アナウンス部
上野知子
下山英哉
緒方桃子
【特別報告 ボンタンアメスペシャル 第29回学校朗読会】
求名小は自然豊かで、読書活動に熱心に取り組んでいます。5・6年生20人と先生方も一緒にポニー号の中継を体験した後、みんなで発声・発音練習。そして「やまなし」「あめ玉」「カレーライス」など教科書に載っている作品などを、緒方アナ、下山アナ、上野アナが朗読しました。
物語の世界を味わっていたのでしょうか、キラキラした瞳が印象的でした。

2017年
2月15日(水)
国分西小学校

【講師】
アナウンス部
上野知子
卒業を控えた6年生50人と職業について学ぶ授業でした。「どうしてアナウンサーになったのですか?」「アナウンサーの1日を教えて下さい」「どうしたらはきはき話せるようになりますか?」など質問がいっぱい。アナウンサーが読んでいるニュースやCMの原稿を見たり、一緒に発声・発音練習をしたり、教科書で習う「生きる」を読む練習をしたりしました。言葉の意味を伝えることを大切にしよう。みんなの目が輝やいていました。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。