【鹿児島県大会】  2014年11月30日(日) 会場:鹿児島女子短期大学体育館
【 全国大会 】  2014年12月26日(金) 会場:赤坂BLITZ(東京)
2014年11月30日(日)に 開催いたしました「第2回全国中学校リズムダンスふれあいコンクール鹿児島県大会」は、県内の中学校6校から14チーム、約330名の中学生の参加があり終了いたしました。
本大会は、2012年4月より中学校保健体育において必須となったダンスの単元の「現代的なリズムのダンス」を学級単位で発表する機会を提供するものです。リズムダンスを通じ中学生の豊かな人間性の育成や体力の向上を目的とし、生徒が全国大会という目標を掲げることでより学習に興味をもつよう促し、教育の一環として貢献することを目指しています。
ダンスが得意な生徒だけ(クラブ活動など)が出場するのではなく、学級単位で参加することによってクラスが一丸となって協力しあうことができるのが、この大会の特徴です。今回初めての鹿児島県大会を開催しましたが、どのチームも笑顔で躍動感あふれる演技を披露し、保護者をはじめ会場につめかけた人々の胸を熱くさせてくれました。この大会を通して生徒達が踊る喜び、協力する大切さを学びとってくれれば幸いです。
2014年12月26日(金)赤坂BLITZ(東京)で開かれた「第2回全国中学校リズムダンスふれあいコンクール全国大会」に
鹿児島県代表として出場した、阿久根市立大川中学校3年1組「SAMURAI SEVEN」は規定曲部門予選(28チーム出場)を突破、決勝大会(5チーム出場)に進出し、見事『優秀賞』を受賞しました。