MBCトップ >さつま狂句
薩摩の“おくに言葉”鹿児島弁による郷土文芸。
MBCではラジオは昭和33年から、テレビは昭和49年から放送しています。
独特なニュアンスやイントネーションをもつ鹿児島弁が主役です。
【みなさまの投句をお待ちしています】
MBCテレビ 「さつま狂句」火曜 10:20〜10:30
さつま狂句兼題募集 締 切 10/11(水)必着
ハガキ 〒890−8570
MBCテレビ「MBCさつま狂句」係
FAX 099−255−9999
Eメール satsuma@mbc.co.jp
★知覧茶園(山形屋地階コーナー)では 入選作品を展示、また投句も受付ています。どうぞ、お立ち寄りください。
MBCラジオ 「さつまお笑い劇場」日曜 9:30〜10:00
ハガキ 〒890−8570
MBCラジオ「さつまお笑い劇場・狂句学校」係
Eメール kyouku@mbc.co.jp

挿絵/若松 泰義
MBC「さつま狂句」の挿絵を30年以上にわたって担当。
人情句、色っぽい句、自然の美しさを詠んだ句など、皆さんから寄せられた
句に添えられた挿絵に、思わずうなずいたり笑ったり…。
若松さんの挿絵は「さつま狂句」の庶民性をさらに引き出してくれます。

9月19日 入選句





西郷どんで
明治維新の
世が黎明っ
西郷どんの
徳を称えっ
郷中教育
西郷どんの
遺訓座禅の
石し偲ん
西郷殿ぬ
尋ぬい客で
故郷あ沸っ
西郷どんも
美味め知覧茶ぇ
舌が鳴っ

9月12日 入選句





西郷どんの
美田買わずを
胸ね止めっ
西郷どんが
ぎょろ目で世相い
喝つ入れっ
西郷どんな
時代ゆ超えっ
愛されっ
何言たち
一番の偉人な
西郷どん
西郷どんの
湯治ん温泉い
今日も浸かっ

9月5日 入選句





西郷どんな
国の夜明けん
幕く開けっ
西郷どんが
居れば自民ぬ
叱るたくっ
西郷どんの
悪口を誰も
言たおらん
西郷どんの
掛軸き生きっ
道つ習っ
西郷どんも
もう一杯言た
知覧の茶

8月29日 入選句





更新か
返納で悩ん
重び免許
子分限者
曲がった父親の
重び背中
坊主も人
天文館で
夢を追っ
遺産分け
欲な事つ言っ
重び空気
重び筈じゃ
ガムが喰れ付た
靴の底

8月22日 入選句





こら重びが
言ながあ笑顔で
孫を抱っ
責任の
重び役き就たで
首ぶ洗るっ
借い出さじ
帰や気の重び
足す引張っ
重び腰も
孫ん頼みな
直き立っ
避難稽古
重か親をば
今日も背負っ

8月15日 入選句





重び口も
焼酎が回れば
軽る滑っ
返事じゃ軽りが
母娘でまこて
重か尻
西郷殿の
風格き悩ん
若け役者
病院嫌れ
重ぶなってかい
大騒動しっ
里て帰っ
帰や重び荷を
沢山ち積ん

8月8日 入選句





若け課長い
厳しゅ叱られっ
気が重ぶし
夫婦買物
帰いな重び荷
持たされっ
返事じゃ軽りが
へっち上がらん
重び大尻
西瓜選っ
重びとを買たや
熟れちょらじ
重び尻が
美人の値打つば
ひっ下げっ

8月1日 入選句





軽り思もた
郷中ん重び役き
音を上げっ
重び重びち
女房んベッドが
ギーギ泣っ
横杵家へ
寄付集っ言あ
足しゃ重ぶし
一言が
重びち分からん
金バッジ
荷あ重びが
順番ち来た
自治会長

7月25日 入選句





見限った
彼は大手ん
社長いなっ
赤提灯
一夜限いの
友達しけなっ
共白髪
命の限い
手を繋っ
役人な
そん場限いの
呆やし返事
振られたや
飲ん限い飲で
自棄いなっ

7月18日 入選句





限い有っ
命ちょ何事て
自分で絶っ
嫁が五体
動っ限いや
言て介護
サーフィンで
行っ限い沖き
波に乗っ
貧乏神
生きちょ限い
付て回っ
言でた限い
猪歳し女房は
突っ走っ

7月11日 入選句





詐欺ん口ち
限っ老人を
手玉め取っ
夏バテにゃ
鰻ぎ限っち
頑張らせっ
継っ手無し
今年限いち
田を植えっ
白無垢の
今朝を限いの
茶を点てっ
戻しゃせじ
此い限い貸せち
借金相談

7月4日 入選句





マグロ船
今夜限いの
畳み寝っ
内気亭主が
離婚れ覚悟で
言限ぎ言っ
鼻ん差を
力ん限い
漕て優勝
財産ぬ
有い限い売い
放蕩息子
孫ん守い
財布ん紐をば
締め限い



Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。