MBC NEWS

鹿児島〜台北線 7月から週5往復に増便へ[05/19 19:32]

チャイナエアラインの鹿児島〜台北線が、7月から週5往復に増便されることになりました。チャイナエアラインの鹿児島〜台北線は、現在、火、木、金、日の週4往復ですが、就航以来の平均搭乗率が70%と好調が続いていることなどから、7月3日から、新たに月曜日の1往復が増便され、週5往復となることが19日の知事定例会見で明らかにされました。また、県は鹿児島市の人工島マリンポートかごしまに税関、出入国管理、検疫の機能を備えたクルーズターミナルを整備する方針ですが、今年8月に着工し、来年3月に完成する計画だと発表しました。マリンポートでは現在、国際クルーズ船が入港した際に職員が船内に機器を持ち込んで入国手続きをしているため、ターミナルが完成すれば入国手続きの時間の短縮が期待されます。このほか、県は本土最南端の佐多岬で整備を進めている公園エントランスが、7月22日にオープンすると発表しました。佐多岬公園全体の整備は来年度中に完成する予定です。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。