MBC NEWS

「山の日」 霧島山 様々なイベントでにぎわう[08/11 19:32]

11日は山の恩恵に感謝し、自然に親しむ国民の祝日、「山の日」です。3連休初日の11日、霧島山では様々なイベントが行われ、多くの人でにぎわいました。霧島市の高千穂河原では、霧島九面太鼓が演奏し、高千穂峰の山頂を目指す登山客を盛り上げました。登山客は、途中、休憩したり写真を撮ったりしながら、それぞれのペースで登っていました。山頂からは、もやがかかって霧島連山をはっきりと見ることは出来ませんでしたが、登山客は標高1574メートルの山頂で達成感を味わっていました。なかには、友達の誕生日を祝うために登った女性グループも。また、結婚して最初に登ったという思い出深い高千穂峰に再び挑戦した夫婦もいました。「山の日」に霧島市観光協会などが男女の出会いの場として初開催した登山ツアーに参加した人たちもいました。ふもとの高千穂河原では、霧島ジオパーク推進連絡協議会が子ども火山スクールを開き、小中学生およそ30人が参加しました。鹿児島大学の井村隆介准教授が炭酸飲料などを使い、火山の噴火の仕組みなどを講義しました。また、1000度以上で石を溶かす実験もあり、子どもたちは火山について学びました。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。