MBC NEWS

鹿児島実業高校サッカー部元総監督 松澤隆司さん死去[08/12 12:11]

鹿児島実業高校サッカー部を3度の全国優勝に導いた、元総監督の松澤隆司さんが、11日夜亡くなりました。76歳でした。松澤隆司さんは1940年鹿児島市生まれ。1964年に鹿児島実業高校の教員となりました。その後、サッカー部の監督となり、2011年春に退職するまで、全国高校サッカー選手権で2回、全日本ユースサッカー選手権で1回、計3度の全国制覇を成し遂げました。また、前園真聖、城彰二、遠藤保仁ら多くのJリーガーを育てたほか、県サッカー協会の理事や副会長、顧問を長年務めました。肺炎のため鹿児島市内の病院に入院していましたが、多臓器不全のため11日夜7時前、亡くなりました。通夜は、12日午後7時から、葬儀、告別式は13日正午から、いずれも鹿児島市原良の玉泉院中央会館で執り行われます。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。