MBC NEWS

ジュニア料理選手権で鹿児島県勢がWグランプリ[11/13 19:33]

全国の中学生・高校生が創作料理を競う大会で、鹿児島県の高校生が、団体と個人の部でともにグランプリを獲得しました。

「ジュニア料理選手権」は、味の素と出版社のオレンジページが主催する大会で、今年は全国から4053の応募がありました。
一次選考と調理審査会をへて、12日の最終選考会でグランプリが決まりました。

団体部門では、鹿児島水産高校の2年生5人が、地元の特産品であるカツオと、郷土料理の「がね」を使った「カツオdeがね?茶飯どんぶり3種のソース添え」でグランプリを獲得しました。

個人部門では、神村学園高等部2年の濱田なな恵さんが、サンマと鹿児島のちらしずし「さつますもじ」をアレンジした「さんますもじ」が、グランプリを獲得しました。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。