MBC NEWS

ウナギ資源の増殖目指し勉強会[11/14 07:44]

ウナギ資源の保護と増殖を図ろうと、関係者でつくる協議会が、生息地の保全をテーマにした勉強会を開きました。

勉強会には漁業関係者らが出席し、環境省の有山義昭係長がウナギの生息地の保全について講演しました。有山係長はウナギ減少の要因には、漁獲量の増加などとともに、河川環境の変化が挙げられると述べました。そして、河川が本来持つ多様な生育環境を保全・回復する必要があると語りました。

鹿児島県はウナギを保護するため、全長21センチを超えるウナギの10月からの漁獲禁止期間を昨年度までの3か月間から、今年度からは5か月間に拡大しています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。