九州南部・奄美地方で春一番 [02/17 22:29]

気象台は17日、九州南部と奄美地方で「春一番が吹いた」と発表しました。日中の気温も上がり各地で4月上旬から5月上旬並みとなりました。17日の県内は南よりの風が強まり最大瞬間風速は鹿児島県の種子島で18・7メートル、鹿児島市で16・5メートル奄美市笠利で12・3メートルなどを観測。鹿児島地方気象台は九州南部と奄美地方で「春一番が吹いた」と発表しました。気温も上がり最高気温は奄美市で24・8度鹿児島市で22・4度枕崎市で22・3度などを観測。各地で4月上旬から5月上旬並みとなり県内33の観測地点のうち19地点でことし最高の気温となりました。なお、九州南部と奄美地方で春一番が観測されたのは3年ぶりです。

【MBCニュース一覧】 モバイルはこちら

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。