MBCトップ > テレビTOP > おもしろ明治維新〜食のタイムトラベル〜

放送日627日(水)午後9時〜9時54分

おもしろ明治維新とは?

今年が150年の節目にあたり、今、改めて日本中で注目を集めている「明治維新」

265年にわたった徳川幕府が終焉し、日本が近代化へと大きく舵を切り始めた激動の時代は、さまざまな物事が変わり始めた時代でもあった。

そんな変わったもののひとつが『食』。江戸時代から幕末にかけて日本人の食生活は、明治維新を経てどのように変わっていったのだろうか?当時、先進的な考えを持っていた幕末の志士たちは、好きな食べ物も先進的だったのだろうか? 幕末から明治にかけて、激動の歴史の背景にあったいろいろな『食』のエピソードを発掘しながら、日本にとって「食の革命」でもあった明治維新を振り返る。

MBC南日本放送とtysテレビ山口がタッグを組み、現代版「薩長同盟」でお送りする特別番組の第3弾。歴史家で作家の加来耕三さんと一緒に、いざ、食のタイムトラベルへ。

出演者

おもしろ明治維新
  • 加来耕三歴史家・作家。新聞・雑誌への多数の連載を持ちながら、精力的に講演活動も行う。
  • 松村邦洋山口県田布施町出身。歴史通としても知られている。加来さんとのコンビは今年で3回目
  • 西田淳裕鹿児島県出身。お笑いコンビ「キンボシ」
  • 木村智美tysテレビ山口アナウンサー
  • 山口真奈MBC南日本放送アナウンサー

番組内容

おもしろ明治維新

1.維新前夜 諸外国との関わり

攘夷? 開国? さまざまな思惑がうごめく中で、薩摩と長州はどのように考え、どのように立ち回っていたのか。やがて、倒幕へとつながる“維新前夜”の両藩の動きを、諸外国との関わり、そして食の観点から紹介する。

  • 下関戦争とイギリスアーネスト・サトウが食べた下関の洋風料理
  • 島津斉彬と集成館事業近代産業の礎と芋焼酎
おもしろ明治維新

2.維新の立役者たちと『食』

明治維新前後に登場する多くの人物。彼らの食べ物の好みを知れば、より身近に歴史を感じられるかもしれない!? 維新の立役者たちの、食にまつわるエピソード。

  • あだ名は「豚一殿」豚肉好きの徳川慶喜
  • 実は甘党!?吉田松陰と大福もち
  • 愛犬にも食べさせていた!?西郷隆盛の鰻好き
  • たくさん並べてご満悦漬物好きの大久保利通
  • あまりのおいしさに解禁伊藤博文と下関のふぐ
おもしろ明治維新

3.明治維新で変わった日本の『食』

今では普通に食べているものも、明治維新がなければ広まらなかったかもしれない。そんな食材の歴史を振り返る。

  • 牛肉江戸時代の“薬”が文明開化で大衆に
  • パン兵糧としての”乾パン”がルーツ