鹿児島県主催鹿児島初のDXコンテスト開催!!「第1回 鹿児島Digi-1グランプリ2023」

鹿児島Digi-1グランプリ2023とは

鹿児島県におけるDX化を推進していくために。

DX推進に向けた機運の醸成や、デジタル人材の育成・確保を図ることを目的として鹿児島県が主催する県では初のDXのコンテスト

デジタルを活用し、地域課題の解決や鹿児島県民の利便性向上に繋がる取組等を、県民誰もが自由に参加できる形で広く募集し、県独自に表彰します。

2023年7月から9月まで民間企業の部・オープンの部・自治体の部の3部門で募集を行い計40件の応募がありました。

デジタルに関して知見のある有識者からなる審査員が審査を行い、同年11月18日にセンテラススクエアで表彰式を行いました。

受賞者の皆さん

受賞団体

民間企業の部

  1. グランプリ

    応募名
    南国タケシタ薬局株式会社
    応募タイトル
    三位一体(三方よし)のDX改革
    審査員の講評
  2. 準グランプリ

    応募名
    社会福祉法人恵仁会
    応募タイトル
    すぐに効くペーパーレス改革 稟議書等電子化
    審査員の講評
  3. 特別賞

    応募名
    南九施設株式会社
    応募タイトル
    ハイブリット工事黒板~アナログの感触、デジタルのスピードで~
    審査員の講評

オープンの部

  1. グランプリ

    応募名
    株式会社オービジョン
    応募タイトル
    専用システムの活用による野菜・果物の鹿児島県内流通の促進
    審査員の講評
  2. 準グランプリ

    応募名
    鹿児島大学水産学部
    応募タイトル
    海洋ビックデータを利用したモジャコ漁スマート化技術開発
    審査員の講評
  3. 特別賞

    応募名
    岡本雅生
    応募タイトル
    県内小学校における授業支援システムの開発
    審査員の講評

自治体の部

  1. グランプリ

    応募名
    鹿屋市デジタル推進課
    応募タイトル
    施設利用オンライン申請(マイナンバーカード活用)
    審査員の講評
  2. 準グランプリ

    応募名
    奄美市デジタル戦略課
    応募タイトル
    奄美市公式LINEからの「投稿・報告」
    審査員の講評
  3. 特別賞

    応募名
    指宿市デジタル戦略課
    応募タイトル
    戦略的な広報DX
    審査員の講評

審査員

サイバー大学 IT総合学部 教授 勝眞一郎
勝 眞一郎
サイバー大学 IT総合学部 教授
鹿児島県 DX推進アドバイザー。総務省 地域情報化アドバイザー。NPO法人薩摩リーダーシップフォーラムSELF理事。NPO法人離島経済新聞社理事。業務コンサルティングのバローレ総合研究所 代表など。
GMOペパボ株式会社代表取締役社長 佐藤健太郎
佐藤 健太郎
GMOペパボ株式会社 代表取締役社長
1981年鹿児島生まれ。2003年に有限会社paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)創業メンバーとして参画、2009年に代表取締役社長就任。表現活動を支えるインターネットインフラの提供を通じクリエイター・エコノミーの促進に取り組む。2019年には鹿児島オフィスを開設。自治体や金融機関との連携、鹿児島ユナイテッドFCなどのスポンサードを通じて鹿児島をITの力で盛り上げている。
株式会社チェンジ鹿児島 代表取締役 中垣 雄
中垣 雄
株式会社チェンジ鹿児島 代表取締役
新卒で三菱UFJ銀行に入行。法人向け融資業務を担当した後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にてIPOの引受、ベンチャー支援を行う。11年の勤務の後、ITベンチャーを経て、2019年にIoTのSaaSを手掛ける株式会社ビーキャップを設立。2021年に同社を株式会社チェンジに譲渡。2022年株式会社チェンジ鹿児島を設立し代表取締役就任
SUMADO 代表 伊地知 ちか
伊地知 ちか
株式会社OuEN 代表取締役
1979年生まれ。プログラマー、デジタルインストラクターなどを経て、2014年に動画の可能性を感じ本格的に動画発信をスタート。スマホだけで動画編集したVlogを連続投稿することで認知され、2016年にSUMADOを創業。「すべては、クリエイティブ。」の理念のもと、動画や映像コンテンツ制作、オンライン配信サポートを行う。2023年10月株式会社OuENを設立し、代表を務める。
FLOW Director 鶴田 真由美
鶴田 真由美
FLOW Director
鹿児島県内を中心に行政・企業のウェブサイトの提案/制作、印刷物のディレクション、ライティング、広報PRを行う。印刷会社に8年間所属し、Web制作・企画ディレクション業務を担当の後、独立してフリーランスに。鹿児島市産業創出拠点施設「mark MEIZAN」のディレクターを施設開設当初より4年間担当。Kagoshima WordPress Meetup 共同オーガナイザー。