MBCトップ > MBC会社案内 > 視聴データの取扱いについて

2019年9月

視聴データの取扱いについて

1 概要

株式会社TBSテレビ(以下「当社」といいます。)は、インターネットに接続されているテレビを対象に、視聴データ(視聴中のチャンネル情報や番組の視聴時刻情報等)を収集いたします。
収集した視聴データは、視聴者の皆様のさらなる利便性向上や放送コンテンツ制作への活用、マーケティング、広告等に利用します。

2 収集及び利用主体

鹿児島地区の視聴データは、当社が、株式会社南日本放送(MBC)に一部を委託して収集します。
また、収集したデータはJNN系列各局と共同利用します。共同利用の詳細は「6 視聴データの共同利用について」をご参照ください。

3 収集する「視聴データ」の項目

当社が取り扱う視聴データの項目のうち、主なものは以下のとおりです。

ここで収集する視聴データは、個人情報保護法上の「個人情報」には該当しません。
氏名・住所等特定の個人を識別できる情報や個人識別符号を含んでおらず、また、他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別することができる状態にないためです。

4 収集の方法及びデータの保管場所について

視聴データは、テレビ受信機がインターネットに接続されている場合に収集します。
視聴者のみなさまがテレビでご覧のチャンネルの番組を視聴している間、テレビ受信機からインターネット通信により視聴データを収集します。 収集したデータは、当社又は当社の委託先が管理する日本国内のサーバーに第一次的に保管し、当社が提供したデータをJNN各局が利用する場合は、各局が保管します。

技術上の制約等の理由により、一部の受信機については、視聴データを収集いたしません。

5 視聴データの利用目的及び利用方法について

視聴データの利用目的は以下のとおりです。

なお、視聴データは、放送局や調査会社等が持つ様々なデータと組みあわせて分析・利用することがあります。この場合は、分析の過程で個人が特定されることのないよう安全管理を行います。
また、テレビ視聴者が保有していると推定されるスマートフォンやPCなどに対して、番組のお知らせや広告を表示する場合があります。

6 視聴データの共同利用について

当社は、収集した視聴データを、JNN系列各局と共同利用します。詳細は以下のとおりです。

7 視聴データの第三者提供について

現在、視聴データの第三者提供は行っておりません。

8 保存期間

当社およびJNN系列各局における視聴データの保存期間は原則として収集から最大60ヶ月とします。保存期間が経過したとき又は視聴データが不要になったときは速やかに消去します。

9 オプトアウトについて

当社による視聴データの収集及び利活用にご協力いただけない場合は、ご覧のチャンネルのデータ放送画面からオプトアウトすることにより、収集を停止することができます。
テレビのリモコンを押下して表示されるデータ放送内にある「視聴データ」というボタンから、オプトアウトすることができます。

なお、オプトアウトしたことにより、番組視聴に影響が出ることはございません。

10 お問い合わせ先

当社による視聴データの取扱いに関するお問い合わせは、以下の視聴者窓口までお願いいたします。

株式会社TBSテレビ  視聴者センター
03-3746-6666
午前10:00-午後10:00
ホームページ https://www.tbs.co.jp/

11 認定個人情報保護団体について

当社は、「個人情報の保護に関する法律」に基づく認定個人情報保護団体である「一般財団法人放送セキュリティセンター」の対象事業者です。当社による視聴データの取扱いに関して、当社から説明を受けてもなお疑問等が残り、ご相談が必要な場合には下記まで直接お問合せください。

お問合せ先:
一般財団法人放送セキュリティセンター内 個人情報保護センター
https://www.sarc.or.jp/hogo/kaiketu-c.html(外部サイトへ移動します)一般財団法人放送セキュリティセンター

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。