薩摩の“おくに言葉”鹿児島弁による郷土文芸。MBCではラジオは昭和33年(1958年)から、テレビは昭和49年(1974年)から放送しています。独特なニュアンスやイントネーションをもつ鹿児島弁が主役です。

MBCテレビ「さつま狂句」日曜 6:05~6:15 放送

2019年1月の兼題「願げ(ねげ)」

1月20日 入選句

1月13日 入選句

1月6日 入選句

みなさまの投句をお待ちしています

MBCテレビ「さつま狂句」日曜 6:05~6:15 放送

さつま狂句兼題募集
締切3月兼題:試し(ためし)2/13(水) 必着
ハガキ〒890-8570 MBCテレビ「さつま狂句」係
FAX099-255-9999
Eメールsatsuma@mbc.co.jp

★知覧茶園(鹿児島市:山形屋 地階コーナー)では、入選作品を展示、また投句も受付ています。どうぞ、お立ち寄りください。

MBCラジオ「さつまお笑い劇場」日曜 9:30~10:00 放送

番組ブログhttps://blogs.mbc.co.jp/owarai/
ハガキ〒890-8570 MBCラジオ「さつまお笑い劇場・狂句学校」係
Eメールkyouku@mbc.co.jp
若松 泰義

挿絵/若松 泰義
MBC「さつま狂句」の挿絵を30年以上にわたって担当。人情句、色っぽい句、自然の美しさを詠んだ句など、皆さんから寄せられた句に添えられた挿絵に、思わずうなずいたり笑ったり…。若松さんの挿絵は「さつま狂句」の庶民性をさらに引き出してくれます。