MBC NEWS

25%プレミアム付き「GoToイート」食事券 販売開始[10/15 19:58]

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている飲食店を支援する国の「GoToイート」事業で、25%のプレミアム付き食事券の販売が、15日から始まりました。

(記者レポート)「食事券を購入しようと、すでに列ができています。一番最初に来た人は、まだ日の明けない午前3時半でした。」

1冊1万2500円分の食事券を1万円で購入できる「GoToイート」のプレミアム付き食事券。県内では、40万冊、総額50億円分が用意され、国から委託を受けた鹿児島商工会議所など11の商工会議所で15日から販売が始まりました。1人1回2冊まで購入でき、売り切れ次第、販売を終了します。食事券を使用する際につり銭は出ないということです。

(購入した人)「結婚記念日もあるので、そこで使いたい」
「コロナ禍でなかなか外食もできないので、利用して店の方にも助けになればいい」

(鹿児島商工会議所 久保誠事務局長)「コロナ禍で、県内の飲食店は非常に厳しい状況。プレミアム付き食事券が幅広く使われて、地域が活性化すれば」

キャンペーンに参加する県内の飲食店は、14日時点で国が定めた感染症対策に取り組むおよそ1700店で、鹿児島商工会議所のホームページで確認できます。食事券は、15日から来年3月まで利用できます。
販売初日の15日、鹿児島商工会議所の販売所では、午後5時までにおよそ4000冊、4000万円分が販売されたということです。

一方、県が発行し、4000円で5000円分の飲食ができる「ぐりぶー飲食券」は、15日が購入申し込み期限で、申し込みは専用のホームページでできます。

「GoToイート」のプレミアム付き食事券がどこで買えるのか、ご紹介します。鹿児島、薩摩川内、鹿屋、枕崎、阿久根、奄美、南さつま、出水、指宿、いちき串木野、霧島の11の商工会議所と鹿児島空港。鹿児島市内では、商工会議所以外にもアミュプラザや城山ホテル鹿児島、まちの駅宇宿など8か所で販売しています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。