MBC NEWS

高校生の採用試験解禁 新型コロナで1か月遅れ[10/16 16:17]

高校生の採用試験が16日解禁されました。今年は新型コロナによる休校などで準備期間が短かったことから1か月遅れてのスタートです。

鹿児島市の鹿児島銀行本店では、高校生3年生17人が採用試験に臨みました。大学生と短大生の試験は、新型コロナ対策としてオンライン形式ですでに終了しましたが、筆記と面接の試験日程が1日で終わる高校生は、例年と同じように実際に会う面接形式がとられ、全員マスク着用で3密を避けるために広い会議室で行われました。

(受験した高校生)「就職できるか不安でしたが、コロナに負けず頑張ります」「やっと終わったという感じ。準備期間が延びて、自分自身を見つめ直すことができて良かった」

(鹿児島銀行人事部 今川裕香さん)「新型コロナウイルスの影響等で地元志向、高まっている。地域を支えたいという学生が多い印象」

鹿児島労働局によりますと、県内の高校生3年生のうち3566人が就職を希望しています。今年度は新型コロナの影響で企業からの求人数が前の年に比べ2割減っていますが、少子化の影響で生徒数も減っており、求人倍率は横ばいの1.27倍となっています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。