MBC NEWS

女性死体遺棄事件 これまでの経緯[01/11 19:30]

鹿児島県垂水市で起きた女性の遺体遺棄事件。事件の経緯や関係者の声を取材しました。

垂水市海潟の田畑が広がる人気の少ない休耕地の土手。去年10月29日、捜索にあたっていた警察官が岩切さんの遺体を発見しました。遺体は腐敗が進んでいたということで、今も死因は分かっていません。

捜査関係者によりますと、2人の接点はインターネットのSNS。遺棄されたとされる9月16日に初めて会ったとみられています。この日、岩切さんは午後6時半ごろに仕事を終えて帰宅し、同居する親族に「外出してくる」と言って自宅を出たきり行方不明に。その後、まもなく岩切さんは遺棄されたとみられています。

事件後の田畑容疑者の動きが少しずつ分かってきました。捜査関係者によりますと、田畑容疑者は岩切さんを遺棄した後、岩切さんが使っていた車で大分県に移動したとみられています。10月4日に別府市内のネットカフェで使用料金を払わずに逃走した詐欺の疑いと、その4日後の去年10月8日にSNSで知り合った別の女性を岩切さんの車に監禁した疑いで、大分県警に逮捕されました。

今月19日に大分地裁で監禁事件の初公判を控えていた中、県警はおととい、現場周辺の防犯カメラや聞き込みなどから田畑容疑者を特定したとして、岩切さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕。事件発生からおよそ4か月近く経ったタイミングでした。

知人らによりますと、田畑容疑者は県内の高校を卒業後定職に就かず、沖縄など県外や鹿屋市内などで職を転々としていたということです。一方、被害者の岩切みはゆさんは南大隅町出身で、子どもの時に両親を病気で亡くし、事件当時は、鹿屋市で伯母と2人で暮らしていました。

(岩切さんの知人)「目立つようなタイプではないが、みんなが盛り上がるときは盛り上がる。許せないし、トラブルが起きるような子でもなかったので」

警察の調べに対し、「遺棄したことは間違いない。死んでいたかどうかはわからない」と供述し、おおむね容疑を認めているという田畑容疑者。警察は殺人の疑いも視野に捜査しています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。