MBC NEWS

新型コロナ 警戒基準はステージ2を継続[02/23 19:39]

鹿児島県内では23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに7人発表されました。また、入院中の1人が死亡しました。

感染が発表されたのは、鹿児島市の30代から80代の男女6人と、鹿屋市の60代女性のあわせて7人です。鹿児島市の6人のうち5人は鹿児島医療センターで発生したクラスター関連で、鹿屋市の60代女性は鹿屋市の恒心会おぐら病院で発生したクラスター関連です。

県内の感染者は累計で1754人となり、22日時点での療養者は57人、うち3人が重症、酸素投与が必要な中等症は8人です。また、医療機関に入院中だった1人が死亡し、県内の死者は25人となりました。

県内の警戒基準はステージ2の「感染者漸増」が続いています。警戒基準の指標のうち、医療機関のベッド使用率は22日時点で13.1%でやや減少しました。人口10万人あたりの新規感染者数は1.31人と横ばいでしたが、感染経路不明者の割合は28.6%と9.6ポイント上がりました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。