MBC NEWS

第15代沈壽官 韓国名誉総領事就任で知事を訪問[04/06 12:03]

薩摩焼の陶芸家、第15代・沈壽官さんが5日、塩田知事のもとを訪れ、韓国名誉総領事に就任したことを報告しました。

鹿児島県日置市の陶芸家、15代・沈壽官こと大迫一輝さんは、今年1月に韓国政府に駐鹿児島韓国名誉総領事に任命され2月に日本政府に承認されました。

5日は、韓国総領事館のイ・ヒソプ総領事らとともに県庁で知事に就任を伝えました。父親の14代に続いての名誉総領事への就任で、日本と韓国の文化交流などの架け橋としての役割が期待されます。

(第15第・沈壽官さん)「より素晴らしい作品を作っていく。日本の誇りに感じてもらえる薩摩焼になることが、韓国の方々にも喜んでもらえるのではないか。」

就任に伴って、日置市の沈壽官窯に6日、名誉総領事館が開館しました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。