MBC NEWS

十管新本部長が着任会見「南九州の海を守り抜く」[04/07 12:05]

第十管区海上保安本部に今月、着任した新しい本部長が6日、会見を開いて「南九州の海を守り抜く」と決意を語りました。

(第十管区海上保安本部 羽山登志哉本部長)「十管区全職員と力を合わせ、豊かで安全な南九州を守り抜く所存です」

今月1日付で十管の新しい本部長に着任したのは羽山登志哉本部長です。北海道出身の56歳で、福岡に本部を置く七管の次長から、着任しました。

4年前に中国船籍の船が繰り返し尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入したことを受け、政府は、巡視船の大型化など監視体制の強化を進めており、羽山本部長は強い決意を示しました。

(第十管区海上保安本部 羽山登志哉本部長)「周辺海域の領土・領海は断固守り抜かなければならない。国際法や国内法に基づき、冷静かつ毅然に対応しなければならない。業務ニーズや情勢などを正確に分析して効率的な運用を図りたい。」


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。