MBC NEWS

台風6号停滞 奄美はうねりを伴う高波に警戒[07/22 22:24]

強い台風6号は、沖縄の南の海上で停滞しています。奄美地方では24日にかけて、うねりを伴った高波に警戒が必要です。

気象庁によりますと、大型で強い台風6号は、22日午後9時には沖縄県宮古島の南南東およそ150キロにあり、ほとんど停滞しています。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。

鹿児島県内では22日、十島村の中之島で22.1メートル、喜界島で20.6メートルの最大瞬間風速が観測されました。

奄美地方では24日にかけて強い風が吹き、沿岸の海域ではうねりを伴った大しけとなる見込みです。奄美地方で予想される波の高さは23日、24日ともに6メートル、予想される最大風速は23日が15メートル、24日が15メートルから19メートル、予想される24時間雨量は多いところで25日午後6時までに50ミリから100ミリとなっています。

気象台はうねりを伴った高波への警戒と、強風、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。