MBC NEWS

自衛隊統合演習 小型無人偵察機が種子島沖で行方不明[11/24 19:45]

今月、全国各地で行われている自衛隊の統合演習で使われていた小型無人偵察機1機が、23日夜、種子島沖で通信が途絶えて行方不明になっています。

行方が分からなくなっているのは、陸上自衛隊の小型無人偵察機「スキャンイーグル」1機です。防衛省統合幕僚監部によりますと、スキャンイーグルは23日午後8時すぎ、対艦攻撃訓練の情報収集のため中種子町にある旧種子島空港を離陸し、およそ30分後に空港の南東およそ25キロの海上で通信が途絶えたということです。
これまでに被害の情報はなく、自衛隊が機体の捜索を行っています。

スキャンイーグルは長さ1.37メートル、幅3.11メートル、重さ13.1キロで、今月19日から30日まで全国各地で行われている自衛隊の統合演習で使われていました。当時の空港周辺の天候はくもりで、風速は10メートル程度だったということですが、飛行に支障はなかったということです。

防衛省は、スキャンイーグルを地上設備を含めて2機、7億5000万円で導入しています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。