MBC NEWS

小学校でかごしま弁教室 郷土の言葉の魅力知る[11/25 19:50]

鹿児島市の小学校で25日、かごしま弁の魅力を知ってもらおうと、方言教室が開かれました。

かごしま弁教室に参加したのは、山下小学校の4年生です。25日は、元教員らでつくるかごしま弁劇団「げたんは」のメンバーが、食堂を舞台にした劇やクイズなどでかごしま弁を披露し、ふるさとの言葉の魅力を子どもたちに伝えました。

(小学生)「鹿児島弁を覚えられてとても嬉しかった(今日覚えたのは)てげてげ」
(小学生)「友達にも教えてあげたい。最後のクイズが面白かった。ランニングするときにチェスト(って使いたい)」

(鹿児島弁劇団げたんは 種子田幸廣座長)「方言って楽しい!面白いよね!好きだあ!とそういう風に子どもたちが一人でも思ってくれれば、私たちが来た甲斐があったと思う」

鹿児島市は、今後も小中学校での鹿児島弁教室を続ける予定です。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。