MBC NEWS

鹿児島市の児童相談所検討委 「りぼんかん」移転など5案[11/25 19:58]

鹿児島市は25日、独自に建設を計画している児童相談所の検討委員会を開き、敷地内に子育て支援施設「りぼんかん」を移転させる案など、5つの案を示しました。

県内には現在、県の児童相談所が3つありますが、鹿児島市は独自の児童相談所を鴨池公園の駐車場内に計画しています。25日の委員会では、新たな「児童相談所」に「子育て支援施設」を移転させる案など5つの案が示されました。

1つめは与次郎の子育て支援施設「りぼんかん」を移転させる案。2つめは鴨池の「中央保健センター」を移転させ、健診や予防接種を行う案。3つめは「りぼんかん」と「中央保健センター」を両方移転させる案。
4つめは保健師による相談受付などの機能をもたせる案。5つめはDV相談窓口などをつくる案です。

検討委員会では今後、既存の施設を移転した場合の交通の利便性などを検討し、意見を集約します。児童相談所の開設時期は未定で、鹿児島市は今年度中に報告書を取りまとめることにしています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。