MBC NEWS

霧島茶のご当地ハイボール[07/12 17:04]

霧島市特産のお茶を使ったご当地ハイボールが開発され、9日、お披露目されました。

これは一般社団法人霧島商社とサントリーが開発したもので「霧島茶ハイボール」と名づけられました。ウイスキーをソーダで割ったハイボールに、霧島市のヘンタ製茶と西製茶工場が有機栽培した抹茶の粉末を溶かしてつくります。霧島市は県内有数の抹茶の産地で、生産量は海外への輸出などで増えていて、今年度は100トンを目指しているということです。

「霧島茶ハイボール」は、9日から霧島市内の一部の飲食店で提供が始まり、早速サラリーマンらが楽しんでいました。「霧島茶ハイボール」は、今月14日と15日に開かれる「霧島国分夏まつり」の会場でも販売されます。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。