MBC NEWS

今季一番の冷え込み、26観測点で最低記録[10/12 11:50]

12日朝の鹿児島県内では最低気温が霧島市牧之原で8.7度を観測するなど、県本土のほとんど地点でこの秋一番の冷え込みとなり、10月下旬から11月中旬並みの寒さとなりました。

12日午前7時ごろ、伊佐市菱刈では川から蒸気が立ち上る川霧がみられ、地域全体が霧に包まれていました。
近くの湯之尾小学校に通う子どもたちは寒そうな表情を浮かべ多くが冬服で登校していました。
「寒くて白い息が出る。冬服がないと凍るような感じで寒い」

12日朝の県内で最も低かったのは、霧島市牧之原で、平年より6.1度低い11月中旬並みの8.7度を観測したほか、伊佐市大口と鹿屋市輝北町で9・2度、さつま町柏原で9.4度を、観測するなど県内33の観測点のうち26地点でこの秋で一番低い気温となり、10月下旬から11月中旬並みの寒さとなりました。
12日の日中は寒さは和らぐものの、10月下旬並みの気温で鹿児島市の最高気温は23度が予想されています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。