MBC NEWS

「霧島高原まほろばの里」来月閉園へ[12/06 19:38]

鹿児島県霧島市牧園町のレジャー施設「霧島高原まほろばの里」が、来月いっぱいで閉園することが分かりました。

1月31日で閉園を決めた「霧島高原まほろばの里」は、およそ30ヘクタールの敷地に広がる複合レジャー施設です。1989年(平成元年)に開園し、レストランや陶芸教室などのほか、人工スキー場、パターゴルフ場などスポーツ施設を備えています。
2011年から始まった霧島フラフェスティバルの会場となっているほか、2015年には芝桜の丘を整備し、子どもから大人まで楽しめるレジャー施設として親しまれてきました。

しかし、霧島連山の新燃岳が噴火した2011年以降、来園者が減り、今年も夏の猛暑などで客足が回復しなかったことなどから、閉園を決めました。およそ50人の従業員は解雇し、土地と建物は譲渡先を探すということです。

平成の30年間、多くの人に親しまれてきた「まほろばの里」。年末年始は休まず営業し、来月31日に閉園します。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。