MBC NEWS

鹿児島市 フクロウのひな まもなく巣立ち[05/15 19:57]

今月10日から始まった「愛鳥週間」は16日までです。鹿児島市の山林に設置された巣箱では、フクロウがまもなく巣立ちを迎えます。

鹿児島市吉野町の山林に設置された巣箱中で、寄り添うように並ぶ2羽のフクロウ。生後2、3週間のひなです。撮影したのは、近くで婦人服店を営む吉田勝也さん(74)です。写真が趣味の吉田さん。フクロウを撮影したい一心で、6年前、近所の畑にあるモミジの木に友人3人と巣箱を設置しました。

警戒心の強いフクロウ。これまで巣箱に近づくことはあっても、なかなか中に入りませんでしたが、先月、設置から6年にして産卵が確認されました。ヒナを刺激しないよう、吉田さんが考えたのが、カメラを物干し竿に取り付ける撮影方法です。そして今月3羽のヒナがかえり、1羽はすでに巣立ったということで、親鳥は巣箱の近くから残る2羽を見守っているということです。

2羽の巣立ちももうそろそろとみられ、吉田さんはフクロウが巣箱を気に入って、子どもたちが来年帰ってきてくれるよう願っています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。