MBC NEWS

台風10号北上 15日明け方にかけ最接近[08/14 05:48]

大型の台風10号は、14日昼前からあす明け方にかけて県内に最も接近する見込みです。土砂災害や、うねりを伴った高波に厳重な警戒が必要です。大型の台風10号は、14日午前4時には種子島の南東およそ340キロの海上にあって、1時間におよそ15キロの速さで西北西に進んでいます。県内全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。台風がこのまま予報円の中心付近を進むと、種子島・屋久島地方では14日昼前に風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。このため、県内では、15日にかけて非常に強い風が吹き、沿岸の海域では15日にかけてうねりを伴い猛烈にしける所がある見込みです。また、15日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあります。年間でも潮位が高い時期となるため、台風が接近する時を中心に高潮のおそれがあります。14日予想される最大風速は県内で27メートル最大瞬間風速は40メートルです。また波の高さは8メートルです。15日午前6時までに予想される雨量は県内の多い所で1時間に70ミリ24時間に300ミリです。気象台は土砂災害と、うねりを伴った高波に厳重な警戒を呼びかけると共に、暴風や、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。