MBC NEWS

ふるさと納税返礼品「和牛がほぼ脂身」で謝罪[10/08 11:58]

鹿児島県いちき串木野市がふるさと納税の返礼品として発送した牛肉について、受け取った寄付者から「ほとんどが脂身だ」などという苦情が寄せられていたことが分かりました。

苦情があったのはいちき串木野市が去年10月から11月にかけ、ふるさと納税の返礼品として取り扱った県産のA4等級黒毛和牛です。肩バラスライス1キロで、寄付1万円の返礼品としておよそ2万件の申し込みがありましたが、そのうち100件以上の寄付者から「写真と違い、ほとんどが脂身だ」「発送が遅い」などの苦情が寄せられたということです。

黒毛和牛は、提携する鹿児島市の食肉販売業者が発送したもので、業者は「苦情のあった商品には確かに脂身の多かったものもあった。肉の品質は守っていたが、受注が多かったため検品に漏れがあった」と説明しています。

いちき串木野市と業者は、寄付者に謝罪し、一部交換に応じました。いちき串木野市は今回の業者とは取引を停止しています。

いちき串木野市の食のまち推進課は「他の提携業者とも連携し、返礼品の状態や数量管理を徹底したい」とコメントしています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。