MBC NEWS

同一労働同一賃金セミナー[10/09 19:15]

正社員と非正規労働者の不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」が来年4月にスタートするまで半年。鹿児島県内の企業や労働組合の担当者が制度の内容について学ぶセミナーが、鹿児島市で開かれました。

「同一労働同一賃金」は「働き方改革関連法」に盛り込まれ、大企業では来年の4月に、中小企業では再来年の4月に施行されます。セミナーは鹿児島労働局が開き、労働法が専門の東京大学の水町勇一郎教授が講演しました。

水町教授は「同一労働同一賃金の導入で正社員と非正規雇用者の格差が縮まるだけでなく、非正規雇用者の賃金が上がって消費が活発になれば、経済成長にもつながる」と述べました。

セミナーには県内各地から450人が参加し、関心の高さをうかがわせ、参加者からはさまざまな声が聞かれました。
鹿児島労働局では、働き方改革に関する相談窓口も開設しています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。