MBC NEWS

台風19号 大しけのおそれ 欠航も[10/09 19:20]

大型で猛烈な台風19号が日本の南を北上していて、今後の進路次第では鹿児島県内でも11日以降、海が大しけとなり、強風域に入るおそれがあります。

大型で猛烈な台風19号は、午後3時には小笠原近海にあって1時間におよそ15キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は915ヘクトパスカル、最大瞬間風速は75メートルで、12日から13日にかけて「非常に強い」勢力を保ったまま、西日本から東日本に接近または上陸するおそれがあります。

台風の進路によっては、県内でもしだいにおおしけとなる見込みです。11日に予想される波の高さは、奄美地方と種子島・屋久島地方、大隅地方が最大6メートル、薩摩地方が4メートルとなっています。

台風19号の影響で海の便に欠航が出ています。欠航となったのは、奄美航路の「フェリーきかい」の9日の下り便と10日の上り便、奄美・沖縄航路の「フェリー波之上」の10日の上り便、「クイーンコーラル8」の11日の上り便です。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。