MBC NEWS

陸自西部方面演習 奄美で訓練公開[11/08 15:58]

先月から自衛隊の大規模訓練が、九州や沖縄にかけて行われていて、8日、奄美大島でその一部が報道陣に公開されました。

訓練は、九州と沖縄を防衛する陸上自衛隊・西部方面隊が2010年から海上自衛隊と航空自衛隊とも連携して行っている「鎮西演習」です。先月から九州から沖縄までの広い範囲でおよそ1万7000人と車両およそ4500両、航空機およそ35機が参加しています。

8日は奄美市の笠利町で離島への侵攻を想定し、奄美駐屯地に配備されている中距離地対空ミサイル部隊と、北海道帯広の第5高射特科中隊の、近距離地対空ミサイル部隊などおよそ50人が、レーダーで補足した敵の航空機やミサイルなどに対応する訓練が公開されました。

西之表など、県内の11の市や町でも展開されている今回の訓練は、今月22日まで行われる予定です。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。