MBC NEWS

インフルエンザ患者再び増加 前週の1.6倍[11/08 19:26]

インフルエンザの感染が再び拡大しています。

鹿児島県によりますと、今月3日までの1週間に、県内で報告されたインフルエンザの患者数は、前の週より96人多い249人と、1.6倍に増えました。

前の週までは2週連続で減少していましたが、再び増加に転じました。1医療機関あたりの患者数は2.71人で、流行開始の目安となる1人を超えています。

保健所別では、川薩が1医療機関あたり11.57人と、流行発生注意報の基準となる10人を超えているほか、鹿児島市3.78人、徳之島3.4人の順で多くなっています。

乳幼児から高齢者まで全ての年代で患者が報告されていて、県は、手洗いやマスクの着用とともに早めの予防接種を呼びかけています。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。