MBC NEWS

鹿児島−ベトナム 7月から新航空路線[01/13 19:17]

鹿児島とベトナムを結ぶ新たな国際定期路線が誕生することになりました。7月から週2往復が運航されます。

県によりますと、就航するのはベトナムのLCC=格安航空会社のベトジェット・エアです。7月から週2往復、4便を鹿児島とハノイの間で運航させる計画で、1便あたりの定員は170人程度になる見込みです。

鹿児島県内でもベトナムからの労働者がおととし10月現在で外国人労働者全体の43%を占めるなど、ベトナムとの結びつきが強まっていて、去年10月には鹿児島の政財界の代表らがベトナムを訪問し、人材派遣や農業分野での技術協力に関する協定を結び、直行便の就航も要望していました。

ベトナム線の就航は九州では福岡に次いで2例目で、鹿児島空港の国際路線はソウル線、上海線、台北線、香港線とあわせ5つになります。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。