MBC NEWS

鹿児島の有機野菜 タイに初輸出[01/15 20:51]

鹿児島県内で生産された有機野菜が初めて東南アジアのタイに輸出されることになり、15日に鹿児島市で出発式がありました。

有機野菜をタイに向けて出荷したのは、鹿児島市に本社を置くかごしま有機生産組合です。組合には鹿児島、熊本、宮崎のおよそ160の農家が所属していて、有機農産物の生産・加工・販売のほか、香港やシンガポールなどへの輸出も行っています。

今回、タイに向けてニンジン、ブロッコリー、サツマイモ、合わせて3.2トンが輸出されることになり、15日に出発式が行われました。県の調査によりますと、県内から有機野菜がタイに輸出されるのは初めてだということです。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。