MBC NEWS

口永良部島で噴火 噴煙300メートル[02/13 16:18]

屋久島町の口永良部島で13日昼すぎ噴火があり、噴煙が火口から300メートルの高さまで上がりました。新岳の噴火は今月9日以来です。

気象庁によりますと、口永良部島の新岳では13日午後0時11分に噴火が発生し、噴煙が火口から300メートルの高さまで上がりました。

口永良部島では9日の夜から11日にかけて火山性地震が増加していましたが、その後減少し、13日は午後2時までに15回観測されています。また、11日には火山性微動が8回観測され地盤の変動もみられましたが、それ以降は観測されていません。

気象庁は、新岳で活発な火山活動が継続しているとして、噴火警戒レベル3の入山規制を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。