MBC NEWS

長島町の車転落 遺体は薩摩川内市の68歳男性[02/13 21:28]

鹿児島県長島町の港で12日夜、海に転落した車から見つかった遺体の身元について、警察は13日、薩摩川内市の68歳の男性だったと発表しました。

これは、12日午後8時すぎ、長島町山門野の加世堂港で、海底から引きあげられた軽乗用車の中から男性が遺体で見つかったものです。
警察が身元を調べていましたが、遺体は、薩摩川内市五代町の無職・後藤剛さん(68)とわかりました。
消防によりますと、後藤さんは去年末、魚釣りに出かけたまま行方が分からなくなっていたということです。

発見時、後藤さんは運転席でシートベルトを着けた状態で見つかり、目立った外傷はなく、遺体は一部腐敗していたということです。
警察は14日、後藤さんの遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、車が海に転落した原因についても捜査しています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。