MBC NEWS

県議会 新型コロナ対策 約10億円補正予算案を可決[03/24 19:38]

鹿児島県議会は24日の本会議で、新型コロナウイルスの緊急対策として10億円あまりを追加する一般会計補正予算案を可決しました。

補正予算案で新型コロナウイルスの緊急対策は、今年度補正と新年度補正合わせて10億1100万円を追加します。資金繰りが悪化した中小企業への融資の保証料をゼロとする経済対策のほか、幼稚園や介護施設にマスクや消毒液などを確保する感染症の拡大防止策などが盛り込まれていて、全会一致で可決されました。

また、新型コロナウイルスの簡易検査キットやワクチンの早期開発などを国に求める意見書も全会一致で可決しました。このほか、総額8398億円の新年度当初予算案などが原案どおり可決された一方、新たな総合体育館を県庁東側で建設を求める陳情は、再び継続審査となりました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。