MBC NEWS

新型コロナ警戒の中 小中学校で修了式[03/25 19:43]

鹿児島県内のほとんどの公立の小学校と中学校で25日、修了式が行われました。今年は新型コロナウイルスの感染防止策が取られる中での式となりました。

鹿児島市の城西中学校では、1、2年生490人が修了式に出席しました。新型コロナウイルス対策として、会場の換気やマスクの着用が行われ、時間も10分ほどと例年の半分に短縮されました。そして、生徒たちは教室に入らず、体育館で通知表を受け取りました。

鹿屋市の東原小学校では、24日に卒業した6年生を除く1年生から5年生までの93人が登校しました。修了式は各教室で校内放送を聞くかたちで行われ、式が終わると子どもたちは修了証書を受け取りました。

薩摩川内市の隈之城小学校でも、校内放送で修了式が行われました。続いて、離任式も校内放送で行われ、転任する教諭らがあいさつしました。

なお、県内のほとんどの小中学校では、26日から春休みに入り、来月6日から新学期が始まります。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。