MBC NEWS

阿久根市の車転落4人死亡 運転手の父親を不起訴処分[03/26 19:28]

鹿児島県阿久根市の港で去年5月、乗用車が海に転落し、乗っていた家族4人が死亡した事故で、過失運転致死の疑いで書類送検された当時41歳の父親が、26日付けで不起訴処分となりました。

この事故は、去年5月13日午前5時半すぎ、阿久根港で乗用車が海に転落し、車に乗っていた奄美市名瀬の41歳の父親と40歳の母親、11歳の長男と8歳の次男の家族4人が死亡したものです。

警察は、発見時の座席の状況や目撃者の証言などから、父親が運転中に操作を誤り、車を海に転落させたとして今月11日、被疑者死亡のまま過失運転致死の疑いで書類送検していました。鹿児島地検川内支部は26日付けで、被疑者が死亡していることを理由に父親を不起訴処分としました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。