MBC NEWS

本格的な雨のシーズン前に 屋久島町で防災点検[05/22 11:59]

屋久島町で、本格的な雨のシーズンを前に、災害が起きやすい危険な場所の確認が行われました。

鹿児島県は毎年この時期、県内一斉で、土砂崩れが起きやすい場所などを確認する防災点検を行っています。屋久島町では去年5月の記録的な大雨で、一部の集落で道路が冠水したり、土砂崩れにより断水するなどの被害が出ました。

21日は県などが、島の南部の尾之間地区で防災点検を行い、災害時の避難経路や、去年の大雨で路肩が決壊した道路などを確認しました。
尾之間地区には土砂災害警戒区域が23か所あり、県は砂防ダムの建設に向けた測量などを今年度から始める予定です。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。