MBC NEWS

鹿児島県本土 種子島・屋久島地方 30日にかけ再び大雨のおそれ[06/29 11:58]

薩摩、大隅、種子島、屋久島地方では、30日にかけて再び大雨となるおそれがあり、土砂災害などに警戒が必要です。

鹿児島県内では、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。薩摩、大隅地方では29日夜遅くから30日昼過ぎにかけて、種子島・屋久島地方では30日朝から夜遅くにかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨や激しい雨が降るおそれがあります。

30日午前6時までに予想される1時間雨量は、薩摩・大隅地方で30ミリ、種子島・屋久島地方で20ミリ、24時間雨量は薩摩、大隅、種子島、屋久島地方で100ミリです。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけるとともに落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。