MBC NEWS

薩摩、大隅、種子島・屋久島地方 引き続き土砂災害に警戒[06/30 17:56]

鹿児島県内に出されていた土砂災害警戒情報は全て解除されましたが、これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、土砂災害に警戒が必要です。

種子島・屋久島地方では、7月1日朝にかけ大雨の恐れがあります。低気圧や梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。前線は1日朝にかけて九州南部まで南下する見込みで、種子島・屋久島地方では1日朝にかけ非常に激しい雨の降るおそれがあります。

薩摩、大隅地方では、雨のピークは超えたものの、大気の状態が不安定なため夜のはじめ頃まで、局地的に激しい雨が降る見込みです。29日の降り始めから30日午後4時までの総雨量は、鹿屋市吉ヶ別府で253.5ミリ、霧島市福山町で214.5ミリ屋久島町小瀬田で211ミリ、などとなっています。

薩摩、大隅地方の土砂災害警戒情報は全て解除されましたが、これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、引き続き土砂災害に警戒が必要です。
1日午後6時までに予想される1時間雨量は、薩摩、大隅地方で30ミリ、種子島・屋久島地方で50ミリ、24時間雨量は、薩摩地方で50ミリ、大隅地方で80ミリ、種子島・屋久島地方で150ミリです。

気象台は、土砂災害に警戒を呼びかけるとともに、低い土地の浸水や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけています。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。