MBC NEWS

公務員に夏のボーナス 鹿児島県内の企業の支給割合は大幅減[06/30 19:26]

公務員に30日、夏のボーナスが支給されましたが、鹿児島県内企業では「夏の賞与」を支給する割合が、大幅に減っていることがわかりました。

県によりますと、支給対象は特別職を含む県職員の2万7106人、総支給額は217億4593万円で、去年の夏よりも4億7300万円あまり増えました。平均年齢が43.4歳の一般職員は、平均支給額が80万495円で、去年より1万4600円あまり増えました。

なお、知事のボーナスは252万9600円、副知事と県議会議長は197万8800円、県議会議員は159万1200円で、いずれも増えています。また、鹿児島市長は235万4160円で、こちらも増額となっています。

一方、県内企業では「夏の賞与」を支給する割合が、大幅に減っています。これは、30日行われた鹿児島銀行の定例会見で明らかになったものです。

先月下旬に県内の主要企業500社を対象に行った調査で回答のあった326社の中で、賞与を「支給する」と答えた企業の割合は66%で、去年から12ポイントの大幅減となりました。これは、平成以降最大の落ち幅で、リーマンショックの影響を受けた2009年夏よりも、大きな落ち幅となりました。

また「支給しない」と答えた企業は9%、「未定」も25%と前の年を上回り、新型コロナによる業績低迷が賞与支給にも現れる形になりました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。