MBC NEWS

新型コロナ影響 解雇・雇い止め 鹿児島県内412人[06/30 19:29]

新型コロナウイルスの影響から、鹿児島県内で解雇や雇い止めになった人が、29日現在で412人になったことが鹿児島労働局の調べでわかりました。

鹿児島労働局によりますと、新型コロナウイルスの影響による事業活動の縮小や廃止から、県内で解雇や雇い止めになった人は、29日現在412人で、内訳は宿泊業145人、製造業81人、飲食業54人などとなっています。
また、先月25日以降に解雇や雇い止めとなった172人のうち、非正規雇用は3分の2にあたる114人でした。

一方、休業要請などで事業活動を縮小した事業主に対して、従業員の休業手当の一部を国が助成する雇用調整助成金の申請件数は、今月25日現在2505件で、前の月の7倍以上に増えました。
雇用調整助成金の申請期間は9月末までで、2週間程度で支給できているということです。

(鹿児島労働局 小林剛局長)「休業によって解雇せずに雇用を維持するという観点で、雇用調整助成金をご利用いただければ」

このほか、5月の有効求人倍率は1.11倍で、前の月を0.04ポイント下回りました。新型コロナウイルス感染症による休業要請の影響から、宿泊業・飲食サービス業で過去最大の67%減となるなど、全ての業種で新規求人数が落ち込みました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。