MBC NEWS

新型コロナの影響で31日終業式 鹿児島市内の小中学校[07/31 12:00]

新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮される鹿児島市の小中学校では31日、1学期の終業式が行われました。

(5年生 藤野翔さん)「今も続くコロナの影響で学校が休校になったり、1学期の終業式がきょうになったりしました。出かける時にはマスク着用をする、手洗いうがいをこまめに行うなど、コロナ対策をしっかり行って健康に過ごす夏休みにしたいです」

鹿児島市では、新型コロナウイルスの影響で休校措置がとられたことで不足した授業時間を取り戻すため、31日までが1学期となりました。
全校児童260人が通う松原小学校では、新型コロナ対策で終業式は体育館から各教室に変更され校内放送を使って永吉眞一校長や児童代表の3人がそれぞれ1学期を振り返り、夏休みの目標などを発表しました。

(6年生)「1年生とコミュニケーションがとれるようになりたいという目標があって、1学期はそれができたので良かった」

(6年生)「(錦江湾横断)遠泳がなくなったり、少し悲しい1学期になった。悲しくて悔しかったです」

県内ではこのほか霧島市や鹿屋市などでも終業式が行われ、子どもたちは明日から1か月間の夏休みに入ります。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。