MBC NEWS

小桜一家系幹部ら4人逮捕 「用心棒代」で現金脅し取った疑い[07/31 16:06]

今年5月、鹿児島県内の飲食店経営者から「用心棒代」として現金を脅し取った疑いで、県警は、指定暴力団・四代目小桜一家系の幹部を含む男4人を逮捕し、31日、本部事務所を家宅捜索しました。

31日午前9時すぎ、鹿児島市甲突町の四代目小桜一家の本部事務所には、防弾盾を持った警察官が並び、物々しい雰囲気となる中、捜査員30人が家宅捜索に入りました。

恐喝の疑いで逮捕されたのは、四代目小桜一家系の暴力団幹部で、鹿児島市天保山町の冨尾勇太容疑者(37)、鹿児島市南林寺町の西晃治容疑者(37)ら男4人です。

県警によりますと、冨尾容疑者らは今年5月24日、県内で飲食店を共同経営する20代の男性2人に対し、入店を断られたのを理由に因縁をつけ、「用心棒がいないなら俺たちがやってやるから毎月5万円払え」などと言って、5万円を脅し取った疑いがもたれています。
取り調べに対し、冨尾容疑者ら3人は容疑を認め、1人は容疑を否認しているということです。

鹿児島県警が四代目小桜一家の本部事務所を家宅捜索したのは2年ぶりで、県警は押収した資料を分析するなどして、調べを進める方針です。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。