MBC NEWS

「ディスカバー鹿児島」利用自粛を8月18日まで再び延長[07/31 19:57]

新型コロナウイルスの感染者が鹿児島県内でも増える中、県は宿泊費助成キャンペーン「ディスカバー鹿児島」について、来月4日までの利用自粛を求めていましたが、その期間を来月18日まで延長することを決めました。

これは31日開かれた県の対策本部会議で決まりました。県は宿泊施設などを支援するために、県民に宿泊券を無料で発行する「ディスカバー鹿児島キャンペーン」の第1弾を先月20日にスタートさせましたが、感染拡大を受けて今月8日から8月4日までは利用自粛を求めていました。そして、30日までの1週間で新規感染者数が47人、感染経路不明者が7人と、キャンペーンの実施を判断するための基準を基準を超えたため、利用自粛期間を8月18日まで再び延長することを決めました。

これに伴い、第1弾の宿泊券の利用期間は8月18日までだったのが、9月1日までに変更されました。


Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。