里アンナコンサート
in Kagoshima

里アンナコンサート in Kagoshima

大河ドラマ「西郷どん」のメインテーマで存在感のある歌が話題。その圧倒的な声と歌唱力で聞く者の心を惹きつける奄美の歌姫、初の鹿児島コンサート

開催日時
2018年9月21日(金)OPEN/18:30 START/19:00
会場
鹿児島市民文化ホール(第2)
演奏曲
大河ドラマ「西郷どん」メインテーマ 行きゅんにゃ加那 朝花節 他
※曲目は変更する可能性がございます。
チケット
【チケット一般発売日】6月23日(土)10:00~
全席指定席4000円(税込み)・当日券4500円(税込み)

ファミリーマート店頭、イープラスhttp://eplus.jp、ローソンチケット、チケットぴあ(セブン-イレブン、ブックスミスミオプシア)
山形屋、十字屋CROSS、鹿児島市民文化ホール
【ローソンチケット】0570-084-008 Lコード:84048 【チケットぴあ】0570-02-9999 Pコード:117-837

チケットに関するお問い合わせ:鹿児島音協099-226-3465(9:00~17:00土日祝を除く)

未就学児入場不可

出演

里アンナ(島唄、三線)

3歳より祖父に奄美の島唄を習い、その後島唄の大会で数々の賞を受賞。2005年メジャーデビュー。2013年、2015年ミュージカル「レ・ミゼラブル」にファンテーヌ役として出演。2016年フランスのコルシカ島で開催された歌のフェスティバルに出演。スウェーデンのヨーテボリオペラで、ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品「ICON」で島唄を歌唱。2018年フラメンコを代表するアーティスト、エヴァ・ジェルバブエナとの共演舞台のプロジェクトを開始。2018年大河ドラマ「西郷どん」メインテーマに歌で参加。奄美大島編では、里千代金役として出演し、島唄も披露した。

佐藤直子(パーカッショニスト)

幼少よりエレクトーンを通し音楽に親しむ。中学校の吹奏楽部で打楽器を始め17歳よりジャズドラマーにドラムを師事。桐朋学園大学音楽学部(打楽器専攻)卒業。同研究過程終了。オーケストラ・現代音楽の打楽器、鍵盤打楽器を佐野恭一、安部圭子、加藤訓子各氏に師事。卒業後よりラテン、民族打楽器を独学で始める。邦楽打楽器を西川啓光氏に師事。日本・中国・韓国の伝統楽器による楽団OrchestraAsiaに在籍、国内外の公演に参加。高木正勝コンサート「タイ・レイ・タイ・リオ」の模様を軸に制作されたドキュメンタリー映画「或る音楽」に出演。その後高木正勝氏のアドバイスを基に打楽器独奏によるアルバムsatonaoko「108」を制作。

中林万里子(ピアニスト)

福井県出身。クラシックピアノを学んだ後、バークリー音楽大学でジャズピアノ、作編曲を学ぶ。在学中よりボストンで演奏活動を行い、2003年に卒業。これまでにジャズピアノを竹下清志、浜村昌子、LaszloGardony各氏に師事。現在ジャズやポップスのアーティストとの共演、楽曲提供、レコーディングなどを重ねている。自身がキーボード・アレンジを担当したプロジェクト「luv city」のアルバムが、ニューヨークのFM局WBAIで2009年のベストアルバムに選ばれ、その中のシングル曲は全英でリリースされる。2015年より、自身が影響を受けたジャズやファンク、ラテン音楽などを取り入れたオリジナル曲を演奏するリーダーピアノトリオ「madoron」でもライブ活動中。

ゲスト 里歩寿(島唄、三線)

中学生では民謡民舞少年少女奄美連合大会において3年連続最優秀賞受賞。高校生の時には奄美民謡大賞において大賞を受賞。1996年元ちとせ氏が最年少で受賞して以来、誰も破ることができなかった最年少記録を塗り替えた。2012年3月アルバム『アリス』リリース。

主催
MBC南日本放送 
企画制作
エイベックス・クラシックス・インターナショナル